札幌~北上中、キタキツネの子どもがひょこり現れたりする。

水平線を見れば漆黒の闇…漁火。
今夏はじめて目にする光景でした。

心の中では「大丈夫!」と太鼓判を押しながらも。
あの不安だった気持ちがきゅぅっとなる瞬間もあったりして。


到着~です。
少し眠りました。


目を覚まし運転席をみましたらね・・・




c0162516_16144864.jpg


先に逝った親友の形見のダメージキャップ。
主人のお気に入りです(人のことは言えませんがお顔の皺に加えてキャップのダメージはね❓?)


親友は「生きたい」を「生きる」にかえていた。
壮絶な闘病は胸を打つものがあった。


東京で亡くなり私はその遺骨を胸に抱いて稚内に戻ったものでした。


あらっ~それました。


今回はCTも撮ります。
X線・血液検査。
骨シンチは入っていない。


椅子に座っていると遠くから~
「座薬を入れぞ!」的な仕草をする。
(いいから報告しなくても)
時間をおいて膀胱鏡です。

ドキドキドキドキーーーーーー
やっぱりやって来るんですよ(笑)



それにしても息子が来ないなぁ~?!

あっ!呼ばれた。

ちょっと「よし!」とか思いだした(笑)



アッ!出て来た。


何となく仕草で無罪放免だなって解るんだよな~♪

日頃~こんなに主人を見つめることはないでしょう(大笑い)


わああああああ~良かった。
と思うのである。



遅れて遅れてやっと来た息子。


「大丈夫だったよ!!」


久々に見る息子の笑顔~すんごく嬉しいのでした\(-o-)/



それから地下鉄に乗って札幌駅まで行く。
そこで「トンカツ」を4人で頂きました。
息子の相方も来てくれたので。
息子は稚内にはない物と言ったけど・・・
トンカツは譲れなかった私(ぷっ)



c0162516_16135591.jpg


まぁ~深い意味なし。




さってと・・・帰ろ。


途中~途中の道の駅にはいろんな楽しみがあります。


野菜を購入したり。
ソフトを食べたり。
焼き鳥を買ったり。



こんな事も。



c0162516_16234716.jpg




心配してくれる皆さん(妹とか)への報告はこんなんで失笑をかいます。

「もう少し、上手く撮ればイイベヤな」とか戯言を言います。

まんまじゃん・・・とは言わない硬い妻なのです。


ちなみに●の男です(わかるか…)



この春に主人の兄が肺癌で逝きました。
尊敬していると、ことあるごとに言っていました。


オトコは辛いもんだなぁ~とこの時に思ったことでした。
感情をそうストレートには出せないと思うからです。


癌はやっぱり過酷です。
それでも与えられた命です。
与えられた命に右往左往する時もありますね。


前にも書いたかなぁ~?


家族がいても友人がいても孤独感は否めないと。

私の見解としては。

家族だから友人だから同じ思いの中にいるよ~って。




日もとっぷり暮れて又水平線の向こう側に漁火がぼわぁ~って輝いています。
「キレーだね」と言うと。


「わかるべ…地球が丸いの」


ヘッ?!地球規模かいって思う私なのです。


長いような短いような一日が終わります。



読んで頂きありがとうございます。







[PR]
Commented by nagako1953 at 2017-08-06 12:21
ご主人様 無罪放免で良かったですね。
一喜一憂したあの日がよみがえります。
20数年経ち元気に暮らしている今に感謝しています。

Commented at 2017-08-06 13:06
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-08-06 13:08
こんにちは
転移なしでしたか、本当におめでとうございます。
もう大丈夫と、確信はしていても、病院のお墨付きが出るまでは、心配ですよね。
私も過去に4回の入院・手術を経験してますが、癌と、心臓病の2回は、かなり難しい手術で、
カミサンは「手術が失敗しても病院に訴訟はいたしません」という同意書にサインしたあと、
祈る気持ちで、手術が終わる8時間を待ったそうです、しかもこの20年間で2回も。
癌が20年前、心臓の手術が5年前。しぶとく生き残った私は、今も仕事をし、毎日ブログを書いてます。
ご主人も本当に良かったです。こういう経験は本当なら無い方がいいのですが、例えあったとしても、
それを乗り越えた人生は、何もない人生の延長線上とは違いますから、これからはおまけの人生と思って、
ご家族と、自分の人生に感謝しながら、頑張って下さいね。陰ながら応援してます。
Commented at 2017-08-06 13:11
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by saihoku55 at 2017-08-06 13:27
ながちゃん~こんにちは♪
ありがとうございます。
国民病的に扱われがちだけどね・・・
「癌」ちょっと違う。
そうですね~今日に感謝サンキュー!
Commented by saihoku55 at 2017-08-06 13:36
13:06の鍵コメ様~こんにちは♪
そうだったのですね。
何事もなく本当に良かった^^
出来れば行きたくない病院ですよね。
私自身は1回/3mごとの血液検査。
あれ?会計時のお料金高いなとか思ったらオプションで腫瘍マーカーとかの数値も入れてくれています。
それは感謝です。
aiio!kとはいかない時もあるけどそれなりに経過観察とか。
してまーす(笑)
そーれが大事。
トンカツ~多いとかお代わりとか賑やかなランチでした。
私はご飯抜きだよ~(´;ω;`)ウゥゥ
Commented by saihoku55 at 2017-08-06 13:55
旅プラスさん~こんにちは~♪
コメントと貴重なご体験ありがとうございます。

>「手術が失敗しても病院に訴訟はいたしません」という同意書にサイン
これはきつい。
奥様のお気持ちお察ししてしまいました。
偶然なのか試練なのか・・・神のみぞ知るという所ですね。
生きている環境も全く違いますが、海外に行かれたりしている旅プラスの過去に
病が存在していたなんてビックリです。
しかもハードです。
どうぞ旅プラスさんもお大切に過ごして下さいね。
私はささやかに驕らず気負わず~行けたらいいなぁ~と思います♩
Commented by saihoku55 at 2017-08-06 14:09
13:11の鍵コメ様~こんにちは~♪
こちらこそ読んで頂いてありがとうございます。
ご病気もさることながら寄り添う鍵コメ様のメンタル維持も
どんなにか…どんなにか…言葉もありませんが。
夫婦ですものね。いうまでもなく心強い存在でいて下さいね!
ご自身のことも大切に(言うは易しですが)
昔に間質性肺炎の疑いありという事がありました。
もう~潰されそうでした。
大丈夫だったのですが~ ^^;

どうか皆々様大事には至りませんようにお祈りします。
Yeel交換しましたよ(^_-)-☆
ご自愛くださいませ。
Commented by ahana12 at 2017-08-06 21:33
ひなげしさん
良かった良かった良かった~。
ひなげしさんも勿論の事、ご家族皆様も一安心しましたね。
前記事の向日葵への想いも拝見しました。
大変な時、いつもそこには向日葵が笑顔で咲いていてくれたのですね。
きっと遠くから通うご夫婦を温かく見守って下さっていたのですね。
毎年向日葵に出会えると少しでも心穏やかにいる事ができる・・お花とのご縁ですね。

私いつも思っているのですが、ひなげしさんの温かいハートや優しい気遣い・・・
素敵な方だなぁって、言葉から端々から伝わってきます。大好きなんです^^

ご主人のお兄様やご友人、皆さんそれぞれに想像もつかないような
苦悩の日々があった事だと思います。悲しいお別れでしたね。。。
人生は明日はどうなるかも分からないですね。
だから、1日1日を大切に過ごして行きたいですね☆

今日はお疲れ様でした(*^。^*)
Commented by TREX450PRO at 2017-08-06 22:23
ひなげしさん こんばんは
最初から読んでいて ひなげしさんの気持ちの動きが伝わってくる文章でした。
何でだか分らないけど 心がキュッとしちゃいました。
Commented by saihoku55 at 2017-08-07 16:21
fukuさん~こんにんちは~♪
そちら台風は大丈夫でしたか?
自然界も予期せぬことがおきますね。

私もfukuさんのお人柄~お写真でもそれに添えてる一文でも解るので
とっても嬉しいな^^
ホントはガサツで大雑把で(ポリポリ~
どうってことないかなぁ(笑)
もうこの年になるとない物ねだりはしなくってマイペース(自己中ともいうかな)
まんまがいいかなぁ~(仕事では別人に変身します)

お花の縁・・・ありますよね。
私は本当に50代半ばから写真を撮る様になってから。
お花に関心を示さない私を心配してました。母が^^;

色々な気持ちをのせることが出来るなんて素敵な事です♪
人生の折り返しも半ばを過ぎて出会った大地に立つ壮大なひまわり群。
主人の病気がなかったらこんなこだわりは持てなかったですね。
fukuさん、読んで下さり(人''▽`)ありがとう☆
Commented by saihoku55 at 2017-08-07 16:41
TREX450PROさん~こんにちは~♪
こちら地方23℃で時折ヒュッと涼しい風が頬を撫でます(乙女チック)笑
ありがとうございます。
私の中でも目まぐるしく感情が動いた数年でした。
大丈夫って中々思えなくって・・・知識を入れれば入れるほど不安増していく負の連鎖っうのです。
生きてもらわなくっちゃ困るもの(-.-)
そんな気持ちだけでしたよ~。
野鳥公園の野鳥、いつも素晴らしすぎて楽しみにしています。
名前
URL
削除用パスワード
by saihoku55 | 2017-08-06 11:54 | Comments(12)

気のむくままに…


by ひなげし